女性 産後 抜け毛 原因

女性の産後の抜け毛の原因の一つはホルモンバランスの乱れ

女性の産後の抜け毛の原因の一つはホルモンバランスの乱れです。
妊娠中は赤ちゃんを育てていくために通常よりも多くの女性ホルモンが分泌されますが、出産をするとその必要がなくなりますので、通常のホルモンバランスに戻そうと女性ホルモンの分泌量が一気に少なくなります。
それにより産後は抜け毛が増えるのです。

 

しかし抜けてしまった髪の毛もしばらくするとまた生えてきますから、あまり気にする必要はありません。
むしろ気にし過ぎる事がストレスとなり、逆に抜け毛を増やしてしまう可能性もあります。

 

また産後は睡眠や栄養が不足しがちですし、慣れない育児にストレスもたまりがちになりますが、これらも抜け毛を引き起こす原因として考えられます。
なるべく規則正しい生活をするようにし、睡眠もしっかりとるようにしましょう。食事はまず栄養バランスが整っている事が重要ですが、タンパク質やカルシウム、亜鉛や鉄などのミネラル、ビタミンB群を意識して摂取すると良いでしょう。イソフラボンを含む大豆もぜひ食べるようにしたいですね。

産後の抜け毛対策に摂りたい食品

 

産後の抜け毛対策に摂りたい食品はたんぱく質やアミノ酸がが多く含まれる食品です。

 

特に授乳中は栄養を母乳に一番に使われてしまうので、髪を育てるための栄養が行き届かなくなってしまい抜け毛を増やしてしまうこともあります。髪の毛のもとになる成分のほとんどはケラチンというタンパク質で、そのケラチンを構成しているのがシステインなどを始めとするアミノ酸です。これらの成分が含まれる食品を毎日の食事に取り入れるようにすることで、髪の成長や状態を良くしていくことができます。

 

ですからたんぱく質やアミノ酸を含む食品を多く摂るのが必要となります。

 

たんぱく質やアミノ酸がが多く含まれるものとしては鶏肉、マグロ、イワシ、卵、牛乳、大豆などです。また、タンパク質を体内で代謝させるためにはビタミンB群や亜鉛、鉄などのミネラル郡も必要になります。そのためビタミンB群が多く含まれるきのこ類、レバー、ほうれん草や亜鉛などのミネラルが多く含まれる、ひじきや大豆、アーモンド、カシュナッツ、するめなどを取るように工夫しましょう。

 

女性ホルモンと同様の効果があるイソフラボンも抜け毛予防には効果的です。豊富に含まれる大豆製品は他の大切な栄養素も含んでいるのでできるだけ毎日取り入れるようにすると良いです。

 

また、最近の女性用育毛剤は、更年期世代の女性だけでなく、20代、30代女性も使用しています。
中には10代で女性育毛剤を使用している場合もあるようです。ですから、20代女性の育毛剤の口コミなども多くみられるようになってきています。予防策や対処法として女性用育毛剤を使用してみてもいいですね。

産後に抜け毛が増えてしまう原因とは

産後に抜け毛が増えてしまう原因に、出産の前後に女性の体が劇的に変わることにもあります。
例えば女性ホルモンの量です。
妊娠を維持する女性ホルモンのひとつエストロゲンには、髪を抜けにくくする効果があります。このエストロゲンの量は出産が近づくにつれてどんどん増えていきますが、通常より多く分泌されるエストロゲンは胎盤に蓄積されているため出産の時に体外に出て行ってしまいます。
このため、産後には今まで充分過ぎるほどだったエストロゲンが一気に減少して、今度は逆に不足に傾くことになります。エストロゲンの不足により髪の寿命が短くなり、抜け毛が目立つようになります。これが産後に抜け毛がひどくなる主な原因です。

 

また子育てが始まって生活が大きく変わることも産後の抜け毛に大きく影響します。睡眠不足などによるストレスや、授乳のために母体からたくさんの栄養が出ていってしまうことも抜け毛をひどくする原因です。
ストレスは発毛サイクルに影響して髪の寿命を短くしてしまいますし、肌にとってのゴールデンタイムと呼ばれる夜間にしっかり睡眠を確保することが難しくなるために成長ホルモンが充分に分泌されず、髪の成長が遅くなって薄毛につながります。また髪もたんぱく質や亜鉛、鉄分などのミネラルから作られますので、授乳によってこれらの栄養素が不足しがちになると髪への栄養が不足して抜け毛が増えます。

 

 

20代女性でも育毛剤を使用しています。20代女性が使いやすい育毛剤を紹介しています。詳しくはTOPページでご確認を!

20代女性の育毛剤の口コミ